読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Racca Style

With you around,everything is special.

東京旅行記 其の二

 
f:id:RACCA:20141011234601j:plain
やっと!
待ちに待った、Pat Metheny Unity Groupのコンサート♡
 
前半はUnity BandやKIN(↔︎)の曲。
後半になると、自動演奏装置も使って、往年の名曲も!
Have you hearedなんて、雰囲気がかなり違って、こなれた感満載でした。(うっかりしてると、この曲であることに気づかない!)
Are you going with me?は、PMGファンに大人気ですが、始まった瞬間、『おっと。これはどうやってやるのかしら?』と思ったら、クリスポッターがfluteでメロディーを吹き始めて、びっくり!
Bright Size Lifeは、Pat MethenyとBen Williamsの二人きりで…
かなり初期の頃の曲だけど、私はかなーり好きな曲♡
Jaco PastoriousやRichard Bonaの個性的なベースで聞き慣れてるせいか、私はちょっと寂しかったかな。夫君的には、ベースが主張しすぎてなくてよかったらしいけど。
曲が終わると、二人で肩を組んで、『どーだ!』と言わんばかりにポーズしてたのがなんとも可笑しかった☆
Phaze Danceも良かった♡
とはいえ、PMGの曲は、Lyle Maysの音の隙間を埋めるようなピロピロリ~ンな感じのピアノが無いとやっぱり寂しいなあ。。。
 
なんと!?アンコールでは、8曲もやってくれて…大感激♡
And I love herとか、めっちゃカッコよかった♡ CDよりかなりこなれた感がありました☻Pat Methenyは、意外とビートルズがお好きなのかしら?(笑)
 
Pat Methenyはもちろん素敵でしたが、Chris PotterもAntonio Sanchezも、
Pat Methenyに負けない!!
何よりもびっくりしたのはChris Potterの器用さ。
一つ一つの音を丁寧に丁寧に。。。前に出るところは出るし、引くところは引ける。
こんなに器用な人がいるだろうか???
昔のMichal Breackerを彷彿とさせる彼の今後が楽しみ♡
 
念願のあのPat Methenyのプレイ中のジャンプも見れたし、大満足♪
(エビみたいにジャンプする!)
また、日本に来たら是非行きたいなぁ♡
 
 
f:id:RACCA:20141012193833j:plain
コンサート会場から出たら、東京タワースカイツリーが見えました♪

 

 

認知の相違

http://instagram.com/p/t-bkqkq_3p/

フグのひれ酒♡

興奮冷めやらぬまま、ホテルへ歩いて戻る前に居酒屋へ。

『認知の相違』についての議論で、夫君と盛り上がりました。

選択理論心理学では、相手を変えようとすることはないけど、いろんな状況下で自らの望む結果に近づくために、自らの意思で選択する。

これって、認知の相違を超えちゃうことも多々ありそうな気がする…

そう考えると選択理論心理学は、なかなかアグレッシブなのかも⁉︎なーんて思いました。

 

 

 Bright Size Life♪


Pat Metheny and Jaco Pastorious - Bright Size Life ...

↑JacoとのBright Size Life♪

 


Pat Metheny Group ( Pat Metheny, Richard Bona ...

↑BonaとのBright Size Life♪

 

 

 

 

 其の三へつづく