読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Racca Style

With you around,everything is special.

言葉にするということ

https://www.instagram.com/p/BCRetABq_3M/

『あら‼️まいちゃん😄』っと、マスターがいつも迎えてくれる💕私ももういい歳なんだけど、子どもみたいなのかな?💦・最近は定位置が少し変わりました。マスターや常連さんとおしゃべりしたりするからかも。ある意味、喫茶店は社交場でもあるのかもしれないなぁ。・#coffee #coffeetime

 

言葉って、、、ほんと難しい。
表したいことをうまく捉えきれない時がある。
でも、言葉があるからこそ、
ふんわりとした思いの輪郭を浮き彫りにすることもできるんじゃないかなぁ。
 
いつも感じている言語化していない自分の心の奥の部分と向き合って、
いざ言葉にしようとしてみると、すごく難しい。
言葉を選ぶ作業は、境界線を引いたり、輪郭を浮き彫りにするのにとても似ている感じがする。
自分が何を大切にしたいのか?
自分はどういうことが嫌なのか?
言葉にしようともがいて、考えていくと、
自分の考え方のクセも見えてきたりする。 
 
 
どんな感情であっても「感じる」ことは、
自分ひとりではできなくて、相手がいるからこそできること。
だけど、『そのとき感じた感情は何だろう?』っと考えるときは、やっぱり自分と対峙するしかない。
 
 
すぐに言葉にできるとは限らず、あえて言葉で捉えない方がいいかなと思うときもある。
なんとゆーか、まだその時じゃない…みたいな感じ。
そんなときは、そのまま様子見かな。
そのときが来たら、やっと言葉にして、自分で認識できる。
その間、いろいろ起きてしまったりもするけど、まぁ自分でも認識できてなかったことだから、しょうがないのだと私は思うかな。
 
だからこそ、私はこうやって言葉にしているのかもしれない。
自分自身の状況を把握し、整理するために…

そして、相手に伝えるときは、相手の批判ではなく、必ず私はこうしたいという思いから始めたいから。

伝えないと始まらない、伝えてからがほんとのスタートということも沢山ある。

言葉を尽くして議論するためには、まず伝えることからしか始まらないから。

そのための手段として、言葉にすることが必要だと私は思うなぁ。