読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Racca Style

With you around,everything is special.

怒りの感情と虚しさ

すごく久しぶりに、自分の中から物凄い怒りの感情が出てきた。

考えてみれば、別に怒らなくてもスルーしておけばよい気もする。
それができないのは何故だろう?

①私が感じた嫌な感情…
ん〜 それよりかは、
②嫌な感情を起こさせた行動スタイルが、様々な困り事を引き寄せる原因であるように以前から私は分析しているが、本人は全く気づいていない…

②のほうかもしれない。

さらに考えてみると、別にそんなことをわざわざ私が考える必要もないのではないか?とも思えてきた。

冷静に考えれば考えるほど、そこまでする必要性が全くない。
 
そして、所詮、私の押し付けに過ぎないのかもしれないとも思った。(良くないね)

いずれにせよ、私が感じた嫌な感情は事実なので、不快感をあらわす権利はあるわけだ。


真意を伝えるのは難しいね。
伝えなくてもいいのかもね。
でも、それなら、何のために…?
って、思っちゃったりする。

なんか虚しいなぁ。
まぁ、私のエゴイズムかもしれないけど。